表面改質処理- Surface Reforming Technology -

SRETSurface Reforming Technology

基材の表面組織にMicro-Dimpleを形成して、付着・流動・ガス・摩耗などの問題を改善する『表面改質技術』です。
表面処理(コーティング)との大きな違いは、下記の2点となります。

  • ① 剥離しないので、混入の心配がない。
  • ② 満足な結果が得られるまで、Dimpleの形状を調整して改善する。

主な効果

改質改善効果
流動性向上、摺動性向上
離型性向上、耐久性向上

主な改質可能素材

改質可能な材質
金属・樹脂・セラミック・ガラス etc

主な用途

金属部品
金型・機械・食品・医療 etc
可塑化部品
スクリュー・ノズル・三点セット etc

表面改質イメージ

表面改質イメージ

ゲート切れ

ゲート切れ
 樹脂  LCP
問題  ゲートカスが成形品に混入する
対策  ゲート部 SRET ⇒ 強度UP
改善  ゲート切れを向上しカスを無くす
効果  不良品ゼロ ⇒ 検査時間短縮
< 改質前 >
検査 全数検査 
不良品 4ヶ / 5,000ヶ
< 改質後 >
検査 抜き取り検査 
不良品 0ヶ / 4,400,000ヶ
※ 記録更新中 !

Special-Dimple

Special-Dimple

樹脂 : PP ( Poly Propylene ) 
PPは接着性が非常に強く、スクリュー等に付着します。
通常はカッター等で削ぎ落しますが
" SRET " 後には簡単に樹脂を取り除く事が出来ます。

樹脂付着の改善

樹脂: PBT ( 330EP : GF30 )

改質前

1ヶ月連続成形加工

  ↓

クリーニング( パージ )

改質後

1ヶ月連続成形加工

  ↓

1週間停止( 放置 ) 

  ↓

2週間連続成形加工

  ↓

クリーニング( パージ )

お問い合わせ