射出成形- Injection Molding -

確認成形加工

確認成形加工

成形品の品質を安定させる成形加工を実現するために、
常に客観的なジャッジメントが求められる大変重要な工程です。
トライ時に問題がなく成形品が取れた場合でも、
材料ロットの違いでショートやバリ等の問題が発生する事があります。
弊社がご提案する “ 確認成形加工 ” は、
弊社で2~3ヶ月間成形加工を実施して問題点等を確認・対処します。
お客様には量産性を確立してから、金型を納品させて頂きます。

問題解決事例

エア、ガスが圧縮され焼けてしまう

不具合 焼け
原 因 ベント詰まり
対 策 ベント深さ修正

流動性に影響ショートが発生

不具合 ショート
原 因 材料ロット
対 策 ベント追加

試作・小ロット・量産

汎用樹脂(PP/ABS)からエンプラ(PA/PPS/LCP/PBT)まで
幅広く成形加工をお請け致します。
国内の成形機 30t ~ 180t(電動・油圧)計 9台
海外の成形機 150t × 10台 / 250t × 8台  計18台

※ 社外製作の金型も成形加工致します。

製品検査

測定範囲 190 × 150㎜
倍       率  30倍 / 50倍 / 100倍
三次元測定機では測定できない細かい形状は、
弊社にお任せください。

※ Z方向も測定可能です。

” 精密プラスチック “ 製品

コネクタ・ギア・ガスケット etc

お問い合わせ